還暦とは? | 特別コンテンツ

還暦とは?

還暦の意味

日本では、年によって干支(えと)が割り当てられています。
干支(えと)とは、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種から構成される『干』と、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種から構成される『支』の組み合わせから呼ばれる“年号”のようなものです。
12種から構成される『支』はお正月の年賀状などで、「今年は○○年」といった話もよく耳にするので、馴染みがあるのですが、『干』はあまり聞きなれない気がしますね。
しかし、厳密な干支(えと)の呼び名は、「丁亥(ひのと・い)」・丑亥(うし・い)……と、『干』と『支』が組み合わさったものが古来から伝わる正しい干支(えと)なのです。
この干支(えと)は「甲子~癸亥」の60種類あるので、61年目に自分が生まれた年の干支に還ることになります。
そして、自分の生まれた年の干支に還った数え年のことを「還暦」と言うわけです。
満年齢でいえば、満60歳の誕生日を迎える年が、還暦の年ということになります。

還暦祝いは昔からあった?

還暦祝いとは満年齢で60歳を迎えたことを喜ぶ、元々は長寿を祝う行事でした。
今でこそ60歳はまだまだ若くって長寿なんて感じがしませんが、戦前までの平均寿命は50歳にもならなかったんです。
そのため、長寿のお祝いが始まったのは鎌倉時代とも言われ、その頃はもっと短命で、還暦を迎える60才は長命で、稀なケースと言われていたようです。

2013年の干支は何?

今年に還暦を迎えるのは、1953年(昭和28年)生まれの方になります。
2013年の干支は『巳(み)』です。さらには、厳密な干支(えと)の呼び名は"十二支"と"十干"を組み合わせ干支(えと)になるので、「癸巳(みずのとみ・きし)」となります。

還暦祝いに赤いちゃんちゃんこを着るのはなぜ?

還暦に赤いちゃんちゃんこを贈ったり着る理由は大きく二つあります。
一つは、還暦は60年で生まれた干支に還るため、赤ちゃんにもどるという意味があります。
もう一つは、男の厄年が還暦の年にもあたる事から、昔からから赤い物は縁起が良く、魔除けなどの効果があるとされていたため、魔除けや厄除けとしての意味があるようです。

還暦の祝い方

還暦のお祝いはいつすれば良い?

還暦祝いは「数え年の61歳」になったら行うのが一般的です。
現在では、満年齢が一般的なので、数え年という呼び方に違和感を感じますが、年が明けたお正月には数え年で61歳の誕生年?になるので、お正月から節分(立春)の頃までにお祝いを済ませるのが古来から伝わる一般的なお祝いだったようです。
しかし、現在では満年齢が一般的になっているため、61歳を迎える誕生日にお祝いをされる方が多くなっているようです。
また、最近ではお正月やゴールデンウイーク、お盆休みなどご家族が揃われるタイミングにお祝いをされる方が当店でも多く見受けられます。

贈り物を選ぶときに注意することは?

還暦を迎える方にとって、年をとることに抵抗がある方もいらっしゃるようです。
ですから、あまりお年寄り扱いになるような物は避けた方がいいかもしれません。
色も地味なものより少し派手な明るいものを贈るほうが、喜んでいただけるかもしれません。

還暦祝いにどれくらい予算が必要ですか?

プレゼントのご予算は、当店調べでは、2万円前後です。
さらに、会食費や、旅行代が親御様一人につき1~2万円程度。
プレゼント2万円+ご両親会食代・旅行代2~3万円=5万円前後が一般的なようです。
あくまで目安なので、ご兄弟の人数やお祝いの方法によってご予算をご検討ください。